RSS

JFEスチールなど5社合弁、ミャンマーの溶融亜鉛めっき・カラー鋼板工場で鍬入れ式

2018年3月6日(火) 23時30分(タイ時間)
【ミャンマー】シンガポールの持ち株会社JFEメランティ・ミャンマー・ホールディングのミャンマーの100%出資子会社JFEメランティ・ミャンマーは1日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特区で、建材向け溶融亜鉛めっき・カラー鋼板工場の鍬入れ式を行った。

 工場は溶融亜鉛めっきライン1基(年産能力18万トン)、カラーライン1基(同10万トン)を備え、2020年稼働の予定。総投資額8500万ドル。

 JFEメランティ・ミャンマー・ホールディングの持ち株比率はJFEスチール35%、JFE商事15%、伊藤忠丸紅鉄鋼15%、阪和興業15%、シンガポールのメランティ・スティール20%。

 ミャンマーは経済成長にともない、屋根、壁、構造材などの建材用薄板の需要が急増している。現在、この分野に使用される鋼材の大半は輸入材。
《newsclip》

注目ニュース

上組、ミャンマー・ティラワ港にバルクターミナルnewsclip

【ミャマー】上組は11日、ミャンマーに合弁会社を設立し、同国のティラワ港で穀物、飼料などバルク貨物を主に取り扱うターミナル事業を行うと発表した。今後需要拡大が見込めるミャンマーの食品関連物流事業で...

フジトランス、ティラワ経済特区の倉庫稼働newsclip

【ミャンマー】フジトランスコーポレーション(名古屋市)のミャンマー法人フジトランス・ロジスティクス(ミャンマー)がヤンゴン郊外のティラワ経済特区に建設したロジスティクスセンターが完成し、10日、現...

郵船ロジ、ティラワ経済特区の物流センター稼働newsclip

【ミャンマー】郵船ロジスティクスは12日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した物流センター「ティラワ・ロジスティクスセンター」の開所式を行った。

【ミャンマー】神鋼環境ソリューション(神戸市)は23日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区の浄水設備を受注したと発表した。ティラワ経済特区ゾーンA(35ヘクタール)内にあるアパート、宿泊施設、商業施...

【ミャンマー】日本通運のミャンマー法人、日通ロジスティクスミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した多機能ロジスティクス倉庫が6月1日に営業を開始する。

【ミャンマー】鴻池運輸は4月27日、ミャンマー子会社のコウノイケ・ミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した倉庫が竣工し、4月1日に本格稼働を開始したと発表した。

特集



新着PR情報