RSS

100円ショップのワッツ、赤字のマレーシア子会社売却

2018年3月7日(水) 00時30分(タイ時間)
【マレーシア】100円ショップのワッツ(大阪市中央区)は5日、マレーシアの完全子会社で均一ショップを運営するワッツハリソンズ(資本金850万リンギ)の全株式を同国の業務提携先であるハリソンズ・ペニンシュラに1ドルで売却すると発表した。

 ワッツハリソンズは2012年設立。マレーシアで均一ショップ「こものや」を展開してきたが、2015―2017年に累計約1億9000万円の赤字を出し、収益改善が急務となっていた。ハリソンズ・ペニンシュラへの譲渡後は、エリアフランチャイジーとして既存の「こものや」を運営する。ワッツは商品供給、店舗運営支援、新規顧客の紹介などで経営を支援する。
《newsclip》

特集



新着PR情報