RSS

タイ各地で天候大荒れ 落雷死、建物倒壊も

2018年3月11日(日) 19時40分(タイ時間)
バンコクで発生した洪水(9日)の画像
バンコクで発生した洪水(9日)
写真提供、タイ警察
バンコクで発生した洪水(9日)の画像
バンコクで発生した洪水(9日)
写真提供、タイ警察
バンコクで発生した洪水(9日)の画像
バンコクで発生した洪水(9日)
写真提供、タイ警察
バンコクで発生した洪水(9日)の画像
バンコクで発生した洪水(9日)
写真提供、タイ警察
バンコクで発生した洪水(9日)の画像
バンコクで発生した洪水(9日)
写真提供、タイ警察
バンコクで発生した洪水(9日)の画像
バンコクで発生した洪水(9日)
写真提供、タイ警察
洪水中の感電死現場の画像
洪水中の感電死現場
写真提供、首都電力公社
洪水中の感電死現場の画像
洪水中の感電死現場
写真提供、首都電力公社
洪水中の感電死現場の画像
洪水中の感電死現場
写真提供、首都電力公社
【タイ】5日から9日にかけ、タイ各地で局地的な突風、雷雨などが発生し、東北部のシーサケート県、サコンナコン県、北部チェンマイ県など31県で建物1812棟が破損するなどの被害があった。

 東部チャチュンサオ県では6日、落雷で1人が死亡した。

 サコンナコンでは8日、突風で住宅30棟が破損、電柱10本が倒れたほか、大型ホームセンターの屋根が飛び、建物の一部が倒壊した。

 北部ナコンサワン県では8日、強風で送電鉄塔9基が破損した。

 バンコクでは9日、大雨で一部地域で洪水が発生。浸水した道路を歩いていた女性が電線からの漏電で感電死した。

 タイ気象局によると、12―17日の天候は前週より落ち着く見通し。ただ、北部、東北部では局地的な雷雨の可能性がある。
《newsclip》

特集



新着PR情報