RSS

タイ航空、中部―バンコク線のA380期間限定運航中止 

2018年3月12日(月) 21時16分(タイ時間)
【タイ、日本】タイ国際航空は12日、バンコク(スワンナプーム国際空港)―名古屋(中部国際空港)線での超大型旅客機A380―800型機の期間限定運航を整備にともなう機材繰りのため中止したと発表した。

 3月1―25日の期間限定で、TG645便とTG644便をA380で運航する予定だった。同便は従来通りボーイングB777型機で運航する。

 タイ航空は今月7日、エンジンのスペアパーツが不足し、定期メンテナンスが遅れているとして、A380型機2機の運航を一時中止すると発表していた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国際航空は7日、同社が運航する総2階建て超大型旅客機A380(ファーストクラス12席、ビジネスクラス60席、エコノミークラス435席)2機の運航を一時中止し、ボーイング777―300ER(ビジネスクラス42席、...

【タイ】タイ国際航空は2017年の最終損益が21億700万バーツの赤字に転落した(2016年は1500万バーツの黒字)。

【タイ】タイのテレビ報道によると、19日、バンコク(スワンナプーム空港)発成田行きのタイ国際航空676便エアバスA380型機がエンジントラブルでスワンナプーム空港に引き返し、緊急着陸した。けが人はなかった。

【タイ、日本】タイ国際航空は2018年の夏期スケジュール(2018年3月25日―10月27日)で、成田―バンコク、中部―バンコクをそれぞれ毎日1往復増便する。

タイ航空、日本路線にA350投入newsclip

【タイ】タイ国際航空は17日から、欧州航空機大手エアバス製の新世代中型ワイドボディ旅客機、A350XWB型機(ビジネスクラス32席、エコノミークラス289席)をバンコクと成田、羽田、関西を結ぶ路線...

特集



新着PR情報