RSS

タイの日本人納骨堂、新堂守の得度式

2018年3月14日(水) 13時29分(タイ時間)
本堂での得度式の様子の画像
本堂での得度式の様子
写真提供、瀬戸正夫
新堂守の小川大勇師、高野山真言宗タイ国開教留学僧の会、日本人会会員らの画像
新堂守の小川大勇師、高野山真言宗タイ国開教留学僧の会、日本人会会員ら
写真提供、瀬戸正夫
【タイ】タイ国日本人会は11日、バンコク都内の仏教寺院ワット・リアップにある日本人納骨堂で、新堂守、小川大勇(おがわだいゆう)師のタイ比丘(びく)としての門出を祝う「得度式」を行った。

 タイ国日本人会は約3年毎に高野山真言宗より留学僧を招聘し、ワット・リアップにある日本人納骨堂の堂守を務めてもらっている。 
 得度式では、本堂の周りを掛け声をかけながら行列をなし練り歩いた後、本堂の中で僧伽(そうぎゃ)への入団が許される儀式が行われた。
《newsclip》


新着PR情報