RSS

日揮、フィリピンで石化プラント共同受注

2018年3月19日(月) 20時59分(タイ時間)
【フィリピン】日揮(横浜市西区)は19日、イタリアのテクニモントと共同で、フィリピンのJGサミット・ペトロケミカルから石油化学プラントの建設を受注したと発表した。受注額は約200億円で、日揮の受注分は約70億円。

 マニラの南約120キロのバタンガス州に年産25万トンの高密度ポリエチレン設備を新設するほか、既設のポリプロピレン設備を年産30万トンに拡張する。2020年完成の予定。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国営石油会社PTT傘下のタイ石油化学最大手PTTグローバルケミカル(PTTGC)は23日、タイ東部ラヨン県マプタプット工業団地にオレフィンプラントを新設すると発表した。

【インドネシア】日揮(横浜市)は4日、インドネシアの国営石油会社プルタミナが同国東ジャワ州ボジョネゴロ地区で計画しているガス処理プラントの設計、調達、建設をインドネシアのエンジニアリング大手レカヤ...

【タイ】JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は16日、タイで廃棄物発電プラント(発電容量 8630キロワット)を受注したと発表した。

【タイ】丸紅は11月30日、タイで廃棄物焼却・発電プラントの建設を受注し、着工したと発表した。

【タイ】タイの電力会社エレクトリシティ・ジェネレーティング(EGCO)は3日、西部ラチャブリ県に建設した天然ガスコジェネレーション(熱電併給)プラント「バンポン発電所」が1日に運転を開始したと発表...

【インドネシア】東洋エンジニアリングは5日、インドネシア最大の石油化学会社チャンドラアスリ・ペトロケミカルがジャワ島西部チレゴンの石油化学コンプレックス内に新設するポリエチレン製造設備の建設を受注...

【シンガポール】明電舎は27日、シンガポール子会社の明電シンガポールがシンガポール公益事業庁(PUB)のチェスナッツアベニュー浄水場・上水用膜処理プラントにセラミック平膜を納入したと発表した。

特集



新着PR情報