RSS

JR西日本の新幹線公衆無線LANサービスは今夏から…北陸新幹線も同時期に前倒し

2018年3月21日(水) 11時15分(タイ時間)
今夏から500系や700系とともに公衆無線LANサービスが開始されることになった、JR西日本所有のN700系7000番台。の画像
今夏から500系や700系とともに公衆無線LANサービスが開始されることになった、JR西日本所有のN700系7000番台。
《撮影 大野雅人(GazinAirlines)》
JR西日本は3月20日、同社が保有するN700系7000番台、700系、500系の各新幹線車両で、今夏から公衆無線LANサービスを開始すると発表した。

訪日外国人の新幹線利用が増加していることを受けてのもので、2019年度末までには全編成で実施する予定。

新幹線の公衆無線LANサービスは、JR東海でも今夏から開始することになっているが、こちらはN700Aが対象となる。

なお、2018年下期開始としていた北陸新幹線W5系での公衆無線LANサービスは、時期を前倒しし、今夏から開始することも明らかにされている。こちらは2019年9月までに全編成でサービスを実施するとしている。

このほか、訪日外国人客向けの施策として、2018年度から700系8両編成のトイレを順次、洋式化するとしている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》


新着PR情報