RSS

FOMMと富士通、小型EV向け「バッテリークラウドサービス」共同開発へ

2018年3月23日(金) 10時30分(タイ時間)
Battery Cloud Serviceの利用イメージの画像
Battery Cloud Serviceの利用イメージ
「FOMM 1.0」と「SPATIOWL」の連携によるBattery Cloud Serviceの提供イメージの画像
「FOMM 1.0」と「SPATIOWL」の連携によるBattery Cloud Serviceの提供イメージ
富士通は3月22日、新たなモビリティ社会の実現に向け、EVベンチャーのFOMM(フォム)と協業を開始すると発表した。

近年、EVの多様化が進み、中でも近距離移動用として使われる二輪、三輪EVでは、着脱式小型バッテリーの搭載が定着しつつある。着脱式バッテリーを四輪EVに搭載可能とし、いつでもどこでもユーザーが簡単に交換できるような新たな仕組みを先行整備することで、さらなるEVの普及と市場拡大が期待されている。

FOMMは、小型EV開発のベンチャー企業として、2013年2月に設立。トヨタ車体で超小型EV『コムス』の開発にも携わった鶴巻日出夫社長を中心に開発を進め、2014年2月には世界最小の4人乗りEV『FOMM コンセプト One』を発表。取外し・交換可能なリチウムイオンバッテリーや水に浮く車体など、ユニークな設計で注目を集めた。

今回の協業では、位置情報活用クラウドサービス「富士通モビリティ ソリューション スペーシオウル(SPATIOWL)」を適用し、EVの走行状況やバッテリー状態・利用情報、交換バッテリーの在庫情報などを統合管理するFOMMの「バッテリークラウドサービス」を共同開発。同サービスでは、家庭での充電に加え各所のステーションなどでバッテリー交換ができるほか、電気残量を常に把握できるため効率よい充電・交換が可能。また、サービス提供者は、バッテリー状態の履歴を管理することで特性の変化を把握できる。

FOMMは、自社開発による超小型四輪EVにおいて着脱式バッテリーを搭載するとともに、バッテリークラウドサービスを適用。2018年12月より、タイで量産を開始する『FOMM 1.0』の展開にあわせて、同サービスの運用を開始する。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報