RSS

タクシン元首相とインラク前首相、再度日本訪問

2018年3月30日(金) 08時01分(タイ時間)
【日本】タイのテレビ報道によると、タイで実刑判決を受け国外逃亡中のタクシン元タイ首相と妹のインラク前首相が来日し、29日、東京都内で開かれた石井一元自治相の新著の出版記念パーティーに出席した。

 タクシン元首相は会場で、「何もしゃべらない」とタイ語で話したが、日本のメディアに対し、「我々は(タイが)出来るだけ早く民主主義に戻ることを望む」「タイには言論の自由と人権の保証が必要だ」などと述べた。民政復帰のための議会下院総選挙の戦略について尋ねられると、「私は(タクシン派のプアタイ)党と関わっていない」「プアタイ党は再度、大勝利を収めるだろう」などと応じた。

 インラク前首相は、ロンドンに住んでいるのかと聞かれ、「いろいろな国を旅している」と答えた。

 元首相と前首相は日本に3日間滞在した後、中国に向かうもよう。

 タクシン元首相は国外滞在中の2008年に、首相在任中に当時の妻が国有地を競売で購入したことで禁錮2年の実刑判決を受け、以来、タイに帰国していない。タクシン元首相と敵対するタイ軍事政権は元首相を国際手配しているが、国際社会では、元首相への実刑判決はタイの政治対立によるという見方が強く、元首相は英国、中国、シンガポールなどを自由に行き来している。

 インラク前首相はインラク政権(2011―2014年)が導入した事実上のコメ買い取り制度「コメ担保融資制度」をめぐる汚職と巨額の損失を放置したとして職務怠慢などに問われ、タイ最高裁判所が昨年9月、被告不在のまま、禁錮5年の実刑判決を下した。タイ軍政は判決後、前首相のパスポートを破棄し、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、国際手配した。

 前首相は判決前の昨年8月に国外に脱出し、以来、主に英国に滞在。今年2月にはタクシン元首相とともに中国、日本などを訪れた。英国をはじめ各国政府は、インラク前首相についても、逮捕、身柄引き渡しなどに応じる様子がない。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相は20日、自身に事実上の全権を与える暫定憲法44条を発動し、タイ選挙委員会のソムチャイ委員を解任した。選挙に関する不適切な言動で混乱を招いたとしている。

「首相になって欲しい人」 プラユット首相が39%で1位 タイ世論調査 newsclip

【タイ】タイ国立開発行政研究院(NIDA)が15、16日に18歳以上のタイ人を対象に実施した世論調査(回答者1250人)で、「首相になって欲しい人」の1位はタイ軍事政権のプラユット・ジャンオーチャー首相(元タイ陸...

来年2月までに民政移管選挙、タイ軍政首相が明言newsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相(元タイ陸軍司令官)は27日の閣議後の記者会見で、民政移管のための議会下院総選挙が2019年2月までに実施されると明言した。ただし、状況によっては再度の延期もありうるこ...

【タイ】タイで実刑判決を受け国外逃亡中のタクシン元首相と妹のインラク前首相が北京で買い物を楽しむ様子を写した写真が出回り、タイ軍事政権が神経を尖らせている。

「自分は政治家」 タイ軍政首相、続投示唆かnewsclip

【タイ】タイ軍事政権のプラユット首相(元タイ陸軍司令官)は3日の記者会見で、初めて自らを「政治家」と呼んだ。

【日本】タイのタクシン元首相は長女夫妻と孫、次女のペートーンターンさんらと北海道滞在を楽しんでいるもようだ。

特集



新着PR情報