RSS

オンライン求車プラットフォームのハコブ、タイで実証実験

2018年4月3日(火) 03時45分(タイ時間)
【タイ】オンライン求車プラットフォーム「ムーボ」を展開するハコブ(東京都港区)は豊田通商(名古屋市)と連携し、遊休中のトラック車両を利用した車両シェアリングの実証実験を2018年前半にタイで開始する。

 「ムーボ」をベースとしたクラウドベースのオンライン求車機能の国際対応版に豊田通商のタイのグループ会社が運用するトラックを登録。荷主であるバンコク周辺のメーカー、物流事業者などの配送案件と空きトラックをマッチングさせ、荷物を運ぶ。

 ハコブは今回の実証実験を成功させ、豊田通商グループとともに、東南アジア諸国連合(ASEAN)で物流情報プラットフォームの展開を目指す。
《newsclip》

注目ニュース

豊田通商など、タイで高精度ルートガイダンスシステムを実用化実証へ…準天頂衛星システム「みちびき」を活用newsclip

豊田通商は、準天頂衛星システム「みちびき」を活用した、車線単位の高精度ルートガイダンスシステムの実証事業を2018年3月、タイ・バンコク市で行うと発表した。

【インドネシア】保健科学研究所(横浜市保土ヶ谷区)と豊田通商(名古屋市中村区)は18日、インドネシアで設立した合弁会社が同国初の外国資本による臨床検査センターの運営を開始したと発表した。

【インドネシア】豊田通商は19日、インドネシアの合弁会社で小麦粉を製造するブンガサリ・フラワー・ミルズ・インドネシアの生産能力を2021年までに現在の倍の日量3000トンに増強すると発表した。

【タイ】豊田自動織機と豊田通商はメコン地域での産業車両の販売を統括する新会社をタイに設立し、2018年1月に営業を開始する。

【タイ】デンソー(愛知県刈谷市)と豊田通商(名古屋市)は13日、世界初の交通系商用アプリケーションを用いた量子コンピュータの実証実験を開始すると発表した。

豊田通商、シンガポールのトラック隊列走行実用化プロジェクトを受託newsclip

豊田通商は2月23日、シンガポール運輸省および同国港湾運営会社PSAインターナショナルが公募した、トラック隊列走行システムの実証実験プロジェクトに提案し、受託したと発表した。

特集



新着PR情報