RSS

サッカーACL試合前日にタイ空港閉鎖、中国から疑惑の目

2018年4月3日(火) 13時40分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、2日朝、タイ東北部ブリラム県のブリラム空港で、バンコク行きの格安航空ノックエアDD9603便ボンバルディアQ400型機が「油圧システムの故障」のため滑走路上で立ち往生し、空港が閉鎖された。

 空港当局は同日夜までに故障した機を滑走路から移動させ、3日、滑走路の使用を再開した。

 ブリラム空港にはノックエアのほか、エアアジアが乗り入れている。

 ブリラム空港当局やタイ運輸省空港局、ノックエアのホームページやフェイスブックに今回の空港閉鎖に関する情報はなかった。

 ブリラム空港が閉鎖された2日には、3日にブリラムで行われるサッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合でタイのブリラム・ユナイテッドと対戦する予定の広州恒大(中国)の選手らが中国から空路ブリラム入りする予定だったが、空港閉鎖により、いったんバンコク入りした後、ブリラムから約150キロ離れたロイエット空港に飛び、バスで移動するという強行軍を強いられた。このタイミングの悪い空港閉鎖については、中国で、広州恒大の選手を疲れさせて試合を有利に運ぼうとするタイ側の妨害工作という見方も出ている。
《newsclip》

注目ニュース

タイ格安航空ノックエアでフライト遅延頻発、路線拡張で機材足りず?newsclip

【タイ】「運賃が安くても遅延ばかりでは誰も乗らない」、「エアアジアの方がまし」。

【タイ】タイのテレビ報道によると、6日午後、バンコクのドンムアン空港で、タイ東北部ウドンタニ行きのノックエアDD9214便ボーイング737―800型機が電気系統のトラブルで離陸できなくなった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、18日午後、タイ東北部サコンナコン発バンコク(ドンムアン空港)行きのノックエアDD9407便ボンバルディアQ400型機が離陸直後にエンジントラブルを起こし、サコンナコン空港に...

タイ格安航空ノックエア、創業株主の社長辞任newsclip

【タイ】タイの格安航空ノックエアは14日、パティー・サラシン最高経営責任者(CEO)が同日付で辞任し、副会長に就任したと発表した。後任のCEOにはピヤ・ヨードマニ副CEOが昇格する。



新着PR情報