RSS

タイ航空 水かけ祭り連休で日本路線増便、機材変更 訪日需要に対応

2018年4月5日(木) 08時31分(タイ時間)
【タイ、日本】タイ国際航空は今月12―16日のソンクラン(水かけ祭り、タイ正月)連休で増加するタイ人の日本旅行の需要に対応するため、バンコク(スワンナプーム国際空港)―成田間のTG676便とTG677便を5日から19日にかけ、超大型旅客機A380-800で運航する。

 また、日本行きを週75便から82便に、韓国行きを週34便から38便に増便する。

 TG676便とTG677便はもともとA380-800で運航していたが、エンジンの定期メンテナンスの遅れで、3月からボーイング777-300ERで代用していた。
《newsclip》

注目ニュース

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、2月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比23.3%増の250万9300人で、2月として過去最高を記録した。

タイ航空客室乗務員、伝統衣装で乗務newsclip

【タイ】4月3日から30日にかけ、タイ国際航空の客室乗務員の一部がタイの現王朝の5代目の王、チュラロンコン大王(在位1868―1910年)時代のタイの伝統衣装を着用して乗務する。

タイ航空の新規導入2機、大僧正が安全祈願newsclip

【タイ】3月30日、バンコク東郊のスワンナプーム空港で、タイ国際航空が新規導入した旅客機2機の安全祈願の儀式が、タイ仏教僧団(サンガ)の最高指導者、第20代大僧正(ソムデットプラサンカラート)により執り...

【タイ、日本】タイ国際航空は12日、バンコク(スワンナプーム国際空港)―名古屋(中部国際空港)線での超大型旅客機A380―800型機の期間限定運航を整備にともなう機材繰りのため中止したと発表した。

【タイ】タイ国際航空は7日、同社が運航する総2階建て超大型旅客機A380(ファーストクラス12席、ビジネスクラス60席、エコノミークラス435席)2機の運航を一時中止し、ボーイング777―300ER(ビジネスクラス42席、...

【タイ】タイ国際航空は2017年の最終損益が21億700万バーツの赤字に転落した(2016年は1500万バーツの黒字)。

【タイ】タイのテレビ報道によると、19日、バンコク(スワンナプーム空港)発成田行きのタイ国際航空676便エアバスA380型機がエンジントラブルでスワンナプーム空港に引き返し、緊急着陸した。けが人はなかった。



新着PR情報