RSS

阪急阪神不動産、クアラルンプール郊外でマンション開発

2018年4月10日(火) 01時30分(タイ時間)
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、阪急阪神不動産
完成予想図の画像
完成予想図
画像提供、阪急阪神不動産
【マレーシア】阪急阪神不動産(大阪市北区)はマレーシアの不動産デベロッパー、イレカと合弁で、マレーシアのヌグリスンビラン州で分譲マンションを開発する。

 クアラルンプール国際空港に近く、プトラジャヤ(新行政都市)やサイバージャヤ(IT都市)のベッドタウンとして開発が進むニライ地区の土地5万3600平方メートルに、マンション(計850戸)と公園などを建設する。1棟目が2020年8月、2、3棟目が2021年9月に竣工する予定。

 阪急阪神不動産がマレーシアで住宅事業を行うのは初めて。海外進出はベトナム、タイ、フィリピン、インドネシアに続く5カ国目。
《newsclip》

注目ニュース

住友商事、東急不動産など ジャカルタで高層マンション開発newsclip

【インドネシア】住友商事は東急不動産、インドネシアの不動産デベロッパー、ジャカルタ・セティアブディ・インターナショナルなどと共同で、ジャカルタ中心部の南西約10キロの西ジャカルタ「プリボタニカルエリ...

阪急不動産、バンコク・エカマイ地区でマンション開発newsclip

【タイ】 阪急不動産(大阪市北区)は12日、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメントと共同で、バンコク・エカマイ地区で分譲マンションを開発すると発表した。

【インドネシア】阪急不動産(大阪市北区)はインドネシアの不動産デベロッパー、スントゥールシティと住友商事が推進するジャカルタ南郊の分譲マンション開発事業に参画する。

【タイ】英不動産コンサルティング大手ナイトフランクによると、2017年下半期に発売されたバンコク都内の新築マンションの平均価格は1平方メートルあたり15万2371バーツ(約53万円)だった。

三菱商事、ホーチミン市のマンション開発事業に参画newsclip

【ベトナム】三菱商事はベトナムの不動産デベロッパー、フッカン・インベストメント・アンド・コンストラクションがホーチミン市で進めるマンション開発事業に参画する。

三栄建築設計など、ホーチミン市のマンション開発事業に参画newsclip

【ベトナム】三栄建築設計(東京都新宿区)は22日、プレサンスコーポレーション(大阪市中央区)との合弁会社プロスエーレ(東京都新宿区)がホーチミン市でマンション開発事業に参画すると発表した。

【インドネシア】住友商事はインドネシアで分譲マンションの開発に参入する。

【インドネシア】マンション管理の穴吹ハウジングサービス(香川県高松市)は27日、ベトナムのホーチミン市でマンション約3000戸を管理するオカムラ・トウキョウを買収すると発表した。

西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発newsclip

【インドネシア】西日本鉄道(福岡市)はインドネシアに合弁会社を設立し、ジャカルタ東郊のブカシ市で分譲マンションを開発する。総事業費は約44億円。

タイのデュシタニ、フワヒンでホテル・マンション運営newsclip

【タイ】タイのホテル会社デュシタニはタイ中部のビーチリゾート、フワヒンで宿泊施設を受託運営する。



新着PR情報