RSS

バンコクモーターショー 自動車受注18%増、3.7万台 6年ぶりに前年比プラス

2018年4月10日(火) 04時30分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、GRAND PRIX GROUP
 の画像
 
写真提供、GRAND PRIX GROUP
【タイ】3月28日―4月8日にバンコク郊外で開催されたタイ最大規模のモーターショー「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー2018」の会場での自動車の受注台数は前年比18%増の3万6587台だった。

 ブランド別では1位トヨタ5689台、2位ホンダ5133台、3位マツダ5021台、4位いすゞ3920台、5位メルセデス・ベンツ2297台。

 バイクの受注台数は5912台で、ブランド別では1位ホンダ2628台、2位ヤマハ737台、3位カワサキ554台。

 「バンコク・インターナショナル・モーターショー」は毎年開催。会場での受注台数は2012年に過去最高の5万7058台を記録して以来、毎年前年実績を下回ったが、今回、6年ぶりに前年を上回った。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ工業連盟(FTI)自動車部会がまとめた2月のタイ国内の自動車生産台数は前年同月比15.4%増の17万8237台だった。内訳は乗用車が12.5%増、7万2411台、1トンピックアップトラックが17.5%増、10万3197...

【タイ】タイ国内の2月の新車販売台数(トヨタ自動車調べ)は前年同月比10.3%増の7万5466台だった。乗用車が10.9%増、2万9617台、商用車が9.9%増、4万5849台。

特集



新着PR情報