RSS

スズキ、インド子会社生産の新型スイフトを輸出開始

2018年4月11日(水) 01時30分(タイ時間)
スズキ・スイフトの画像
スズキ・スイフト
スズキは4月10日、インドの四輪車生産子会社「スズキ・モーター・グジャラート(SMG)社」で生産した新型『スイフト』の輸出を開始した。

新型スイフトは、2018年1月からSMG社で生産を開始。インドのマルチ・スズキ社を通じて、ムンバイ港から南アフリカへ向けて出荷した。インドからの輸出は、欧州、日本、アジア、アフリカ、中南米など、100を越える国や地域に拡大。2017年度の輸出台数実績も前年比2%増の12万6000台となっている。SMG社の生産車を輸出するのは今回が初。今後はさらに輸出先を拡大し、インド政府が推進する「Make in India」に協力していく。

SMG社は、インド国内自動車市場の旺盛な需要への対応と海外への輸出拡大に備えて、スズキ100%出資により設立した生産子会社。第一工場は2017年2月より稼働を開始し、生産能力は年間25万台。さらに、2019年初の稼働開始を目指して第二工場の建設も進めているほか、第三工場も計画しており、3工場を合わせた生産能力は年間75万台となる予定だ。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報