RSS

中国新車販売は2.6%増の718万台、日産が日系首位守る 2018年第1四半期

2018年4月12日(木) 15時58分(タイ時間)
日産シルフィの画像
日産シルフィ
トヨタ・カローラハイブリッド(上海モーターショー2015)の画像
トヨタ・カローラハイブリッド(上海モーターショー2015)
《撮影 関航介》
ホンダ・アコードの画像
ホンダ・アコード
中国汽車工業協会は4月11日、中国における2018年第1四半期(1~3月)の新車販売の結果を明らかにした。商用車と輸出を含めた総販売台数は、718万3000台。前年同期比は2.6%増だった。

日系メーカーでは、日産自動車が33万6131台と過去最高。日系メーカーの首位を守った。前年同期比は6.9%増。小型セダンの『シルフィ』とSUVの『エクストレイル』、『キャシュカイ』が好調だった。

日系2位のトヨタは第1四半期、32万1900台を販売。前年同期比は8.7%増と伸びた。2014年夏にモデルチェンジした主力セダンの『カローラ』と兄弟車の『レビン』を中心に、販売が好調だった。

日系3位のホンダは第1四半期、30万0826台を販売。前年同期比は2.3%減と落ち込む。広汽ホンダでは、『アコード』が4万9676台を売り上げ、前年同期比は22.9%増と好調。東風ホンダでは、『エリシオン』が、前年同期比21.5%増の1万0711台と売れている。

中国の2017年の新車販売は、商用車と輸出を含めて、前年比3%増の2887万9000台と過去最高。5年連続で2000万台を突破すると同時に、米国を上回り9年連続で世界一となっている。
《森脇稔@レスポンス》

特集



新着PR情報