RSS

バンコクのマッサージ店で性的暴行、台湾人女性が被害届

2018年4月16日(月) 12時36分(タイ時間)
【タイ】タイのテレビ報道によると、12日、バンコク都内のトンロー警察署を訪れた台湾人女性が、都内のソイ・スクムビット23通りのマッサージ店でマッサージを受けた際に、マッサージ師の男性から性的暴行を受けたとして、被害届を出した。

 トンロー署は15日、マッサージ師の男性(27)に事情を聞いたが、捜査を継続中として、逮捕はしなかった。男性は取り調べに対し、台湾人女性と性交したことを認めたが、合意の上だったと主張している。

 この事件はインターネットの交流サイトを通じて台湾、中国で拡散し、現地のメディアで報じられた。台湾での報道によると、女性は被害に遭った直後にタイ警察に電話したがつながらず、直接警察署を訪れ被害届けを出した。しかしその後、警察は動く気配がなく、台湾で事件が取り上げられて初めて、男性の取り調べを行った。
《newsclip》

特集



新着PR情報