RSS

インドネシアで衣料品製造 マツオカ、ファストリなど出資

2018年4月17日(火) 00時00分(タイ時間)
【インドネシア】縫製加工大手マツオカコーポレーション(広島県福山市)は5月をめどに、衣料品のOEM(相手先ブランドによる生産)を手がける合弁会社をインドネシアに設立する。

 新会社は資本金2200万ドルで、マツオカが51%、ファーストリテイリングが25%、東レグループが24%出資する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国立ラーチャパット大学バーンソムデットチャオプラヤ校がオンラインショッピングをしたことがあるバンコク在住者を対象に2月22―25日に実施したアンケート調査(回答者1205人)で、オンラインショッ...

【インドネシア】アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山市)は30日、衣料品の通販サイト「ボボボボ」を運営するインドネシア企業ボボボボの第3者割当増資を引き受け、同社株の34%を取得す...

【タイ】衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイ(千葉市)は27日、子会社の投資ファンド、STVファンドを通じ、タイで衣料品通販サイト「ポメロ」を運営するポメロ・ファッションに出資...

【タイ】ファッション・アパレル業界を中心に電子商取引支援コンサルティングを行う五反田電子商事(東京都目黒区)は3月から、タイでファッション、コスメ関連の商品をフェイスブック、LINEなどのソーシャ...

特集



新着PR情報