RSS

タイのマンション、アパート 5月から公共料金の上乗せ禁止

2018年4月27日(金) 08時57分(タイ時間)
【タイ】タイのアパート、マンション、戸建てなど賃貸住宅全般に関する消費者保護法の規則が5月1日から改定される。

 賃貸数が5ユニット以上の事業が対象で、賃貸人が水道料金、電気料金といった公共料金に上乗せすることを禁止する。入居の際の保証金と家賃の前払いの上限はそれぞれ家賃の1カ月分とする。契約更新料の徴収は認めない。

 賃借人は30日以上前に通告すれば契約期間内でも退去することができる。

 タイの賃貸マンション、アパートでは、大家が電気料金、水道料金に上乗せした金額を請求することが多い。今回の規定はこうした慣行を禁じるものだが、すでに、減収を嫌う大家が別の名目で料金を徴収するケースが報じられている。
《newsclip》

注目ニュース

東京建物、バンコクの2カ所でマンション開発newsclip

【タイ】東京建物(東京都中央区)はタイの不動産デベロッパー、レイモンランドと設立する合弁会社を通じ、バンコク都心の高架電車BTSプロムポン駅近くとチョンノンシー駅近く(サトン・ソイ12通り)で分譲マンシ...

阪急不動産、バンコク・エカマイ地区でマンション開発newsclip

【タイ】 阪急不動産(大阪市北区)は12日、タイの不動産デベロッパー、セナ・デベロップメントと共同で、バンコク・エカマイ地区で分譲マンションを開発すると発表した。

【タイ】英不動産コンサルティング大手ナイトフランクによると、2017年下半期に発売されたバンコク都内の新築マンションの平均価格は1平方メートルあたり15万2371バーツ(約53万円)だった。

三井不動産、バンコクでマンション7件追加開発 計1・6万戸にnewsclip

【タイ】三井不動産はタイの不動産デベロッパー、アナンダー・デベロップメントと共同で進めるバンコクでのマンション事業で、新たに7物件、計約5700戸を開発する。

【タイ】住友林業(東京都千代田区)はバンコクのトンロー地区で高級分譲マンションを開発する。タイの不動産開発会社プロパティーパーフェクトとの共同事業で、総投資額約1億4000万ドル。2020年完成を...

バンコク都心の旧豪大使館跡地 マンション、オフィスビルにnewsclip

【タイ】タイの不動産デベロッパー、スパライは19日、バンコク都心のサトン通りにある旧在タイ・オーストラリア大使館跡地(面積1万2728平方メートル)を約46億バーツで取得したと発表した。



新着PR情報