RSS

大陽日酸、ベトナムで液化ガス生産能力増強

2018年5月3日(木) 02時00分(タイ時間)
【ベトナム】大陽日酸はベトナム子会社ベトナム・ジャパン・ガスの新工場をホーチミン市近郊のバリアブンタウ省フーミー第3工業団地に建設する。新工場は液化ガス生産能力が毎時5000立方メートルで、2019年中頃完成の予定。

 ベトナム・ジャパン・ガスはフーミー地区で韓国系非鉄メーカー、現地電炉メーカーへのパイピングによるガス供給を新たに受注しており、今後の需要増に対応するため、生産能力の増強を決めた。

 ベトナム・ジャパン・ガスは1996年設立。ガス生産工場5カ所と営業所3カ所で産業ガス事業を行っている。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】東京ガスは1日、三井物産と折半出資で設立した合弁会社MITG(タイランド)がタイの工業団地でガス配給事業を行う事業会社の持ち株会社ガルフ・WHA・MT・ナチュラルガス・ディストリビューション(GWHAMT...

大阪ガス、バイオガス精製し自動車燃料に タイで実証事業newsclip

【タイ】大阪ガスは27日、農業残渣などから発生するバイオガスから二酸化炭素などを取り除いて高純度のメタンガスを製造し、天然ガス自動車に供給する商用実証事業をタイで開始したと発表した。

【インドネシア】東京ガスは17日、同社が52%、日本政策投資銀行が48%出資する合弁会社が、インドネシアの大手ガス事業者ルクン・ラハルジャ傘下のガス配給会社パンジ・ラヤ・アラミンドの株式33%を取...

【ベトナム】東京ガスは31日、全額出資子会社の東京ガスアジアがベトナムの国営石油会社ペトロベトナム傘下でガス配給事業を手がけるペトロベトナム低圧ガス販売の株式24・9%を取得し、戦略提携契約を結ん...



新着PR情報