RSS

ポールスター、第2/第3の電動車の開発は順調…北京モーターショー2018

2018年5月3日(木) 20時15分(タイ時間)
ポールスター1の最新プロトタイプ(北京モーターショー2018)の画像
ポールスター1の最新プロトタイプ(北京モーターショー2018)
ポールスター1の最新プロトタイプ(北京モーターショー2018)の画像
ポールスター1の最新プロトタイプ(北京モーターショー2018)
ポールスター1 の最新プロトタイプの画像
ポールスター1 の最新プロトタイプ
ポールスター1 の最新プロトタイプの画像
ポールスター1 の最新プロトタイプ
ポールスター1 の最新プロトタイプの画像
ポールスター1 の最新プロトタイプ
ボルボカーズ傘下の高性能車開発メーカーのポールスターは、中国で開催中の北京モーターショー2018において、現在開発中の『ポールスター2』、『ポールスター3』の一部情報を公表した。

ポールスターの第一号車となるのが、2019年の半ばに発売予定の高性能PHVクーペ『ポールスター1』。ボルボカーズの新世代プラットフォーム、「SPA」(スケーラブル・パフォーマンス・アーキテクチャ)をベースにする。

PHVパワートレーンは、2.0リットル直列4気筒ガソリン「Drive-E」エンジンが前輪を駆動。2個のモーターが後輪を駆動する4WDとなる。システム全体で、最大出力600hp、最大トルク102kgmを発生。二次電池の蓄電容量は34kWhで、EVモードでは最大150kmの航続を可能にする。

北京モーターショー2018では、ポールスター1に続くポールスター2、ポールスター3の一部情報を公表。ポールスター2は、ボルボカーグループ初のEVとして、2019年に市販される予定。テスラ『モデル3』と競合するミッドサイズEVセダンとなる。ポールスターによると、現在、技術面の開発に取り組んでいる段階という。

また、このポールスター2に続いて登場するのが、大型電動SUVのポールスター3。エレクトリックパフォーマンスとドライビングダイナミクスの両立を目指す。ポールスター3は現在、デザイン設計の段階にあり、美しいエアロダイナミクスシルエットを追求する、としている。
《森脇稔@レスポンス》


新着PR情報