RSS

バンコクで違法ダイエット食品など26万点押収、156店摘発 

2018年5月7日(月) 03時45分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ食品薬品委員会
 の画像
 
写真提供、タイ食品薬品委員会
【タイ】タイ当局は2日から5日にかけ、警官など約700人を動員し、バンコク都内のタラートマイドンムアン地区で違法な食品、化粧品の一斉手入れを実施し、154店を摘発、約25.6万点を押収した。

 押収したのはタイ食品薬品委員会の承認を受けていないダイエット食品、化粧品など。

 タイでは医薬品成分などが入った違法なダイエット食品、化粧品が野放し状態となっている。しかし、今年3、4月に、こうした違法ダイエット食品を摂取した31―47歳のタイ人男女4人が心臓発作や脳卒中などで相次いで死亡したことから、当局が重い腰を上げ、取り締まりに動いた。

 タイで製造販売されるやせ薬やダイエット食品をめぐっては、日本でも健康被害の報告があり、当局が注意を呼びかけている。
《newsclip》

注目ニュース

タイで未登録のサプリ、化粧品1億バーツ相当押収 健康被害の報告newsclip

【タイ】タイ当局は22日、東北部ナコンラチャシマ県の倉庫2カ所を捜索し、マジックスキン社が所有する未登録のサプリメントや化粧品、1億バーツ相当を押収したと発表した。

【タイ】山梨県は21日、「ホスピタルダイエット」と称する製品をインターネットを通じてタイから個人輸入し、服用した長野県在住の30代女性が甲状腺機能亢進の症状で治療を受けたと発表した。

【タイ】千葉県は18日、「ホスピタルダイエット」と称する製品をインターネットを通じてタイから個人輸入し、服用した20代の女性が排尿困難、意識もうろう、手足の震えなどの症状で入院したと発表した。



新着PR情報