RSS

汚染された運河の水飲む? カンボジアで10人死亡、121人入院

2018年5月7日(月) 13時15分(タイ時間)
【カンボジア】新華社電などによると、カンボジア東部クラチエ州の村で、村を流れる運河の水を飲んだ住民10人が6日までに死亡し、121人が体調不良で入院した。

 症状はいずれも呼吸困難、高熱、おう吐、腹痛などで、地元当局は運河の水が農薬で汚染されていた疑いあるとみて調査している。
《newsclip》


新着PR情報