RSS

チェンマイの国立公園に豪華裁判官宿舎、反発受け計画撤回

2018年5月8日(火) 03時15分(タイ時間)
【タイ】タイ北部チェンマイ県のドイステープ・プイ国立公園の一部が、裁判官、裁判所職員らの宿舎用地として譲渡され、地元住民らが強く反発していた問題で、タイ軍事政権は6日、土地をドイステープ・プイ国立公園に返還し、宿舎として使用しないことを決めた。 

 問題の土地は約24ヘクタール。森林を伐採し、約10億バーツを投じて、豪華な戸建て住宅45棟とマンション9棟を建設する予定だった。森林の伐採と戸建て住宅の建設はほぼ完了している。

 裁判所は合法的な手続きに則ったものと主張したが、世論の反発を受け、軍政の判断に従う意向を表明。軍政は6日、地元住民らとの協議の末、土地の国立公園への返還を決めた。すでに建設された建物を取り壊すのか、もしくは別の目的で使用するのかについては、今後、住民らと協議して決める方針だ。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ社会開発福祉省が運営する生活困窮者保護センターで予算の横領疑惑が浮上し、タイ軍事政権のプラユット首相は23日、同省のプティパット事務次官とナロン副次官を首相府付に異動する事実上の停職処分...

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ教育省のカルン事務次官は13日、過去10年に奨学金8900万バーツを詐取したとして、同省幹部ら23人を刑事告発した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、詐欺などの容疑で指名手配されていたタイの名門国立大学、チュラロンコン大学の元准教授で同大学貯蓄組合元理事長のサワット容疑者(79)が8日未明、バンコク都内の警察署...



新着PR情報