RSS

共通ポイントサービス「ポンタ」の国際連携プラットフォーム 日本、インドネシア、マレーシア間でサービス開始

2018年5月9日(水) 00時00分(タイ時間)
【アジア】共通ポイントサービス「ポンタ」を運営するロイヤリティマーケティング(東京都渋谷区)は8日、共通ポイント会員がボーダレスにサービスを利用できる国際ポイント連携プラットフォーム「ポンタ・グローバル・アライアンス・クラウド」を開発したと発表した。

 これにより、日本のポンタ提携店舗ではインドネシア「ポンタ」、マレーシアの共通ポイント「ボーナスリンク」、共通ポイントの国際提携グループ「ポンタ・グローバル・アライアンス」の展開パートナーである台湾「得易ポンタ」、韓国「OKキャッシュバック」の会員が、日本のポンタ会員はインドネシア「ポンタ」、マレーシア「ボーナス」、台湾「得易ポンタ」の対象提携店舗で、ポイントを貯め、使うことができるようになる。

 ロイヤリティマーケティングは「ポンタ・グローバル・アライアンス」の展開を通じ、各国の共通ポイント会員がボーダレスにポイントサービスを利用できるようにすることで、「ポンタ」のネットワークをアジア約1億5000万人規模に拡大することを目指す。
《newsclip》

注目ニュース

【インドネシア】ロイヤリティマーケティング (東京都渋谷区)は26日、同社が運営する共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」のインドネシアの会員数が2000万人を突破したと発表した。

特集

IT



新着PR情報