RSS

メニコン、ミャンマーにコンタクトレンズ研修センター

2018年5月15日(火) 00時45分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、メニコン
 の画像
 
写真提供、メニコン
【ミャンマー】メニコンは14日、ミャンマーのヤンゴン国立眼科病院と共同で、同大学にコンタクトレンズ研修センターを開設したと発表した。コンタクトレンズ処方に関する新たな教育カリキュラムを設計開発し、医師の処方知識や技能レベルの向上を図る。

 研修期間は2週間で、終了後に試験を実施し、修了証明書を発行する。上級コースに関しては、専門医認定制度のカリキュラムの対象となる。

 ミャンマーでは他のアジア諸国同様に近視人口が増加しているが、近視に対する進行抑制効果が報告されているオルソケラトロジーレンズや一般的なRGPレンズの正しい処方技術が教育されていない。メニコンはミャンマー初の正規の視力矯正用RGPレンズの販売承認取得を目指す一方、RGPレンズの正しい処方技術の普及を推進する。
《newsclip》


新着PR情報