RSS

共英製鋼、ベトナム北部の設備投資計画中止

2018年5月18日(金) 02時45分(タイ時間)
【ベトナム】共英製鋼(大阪市北区)は17日、ベトナム子会社キョウエイ・スチール・ベトナムが同国北部で計画していた鉄筋棒鋼の製造事業を中止すると発表した。

 約2億ドルを投じ、年産能力50万トンの製鋼・圧延一貫ライン(電気炉、圧延設備)を設け、2019年から稼働する計画だったが、ベトナム北部で鉄鋼製品(棒鋼、線材)、半製品を製造販売するベトナム・イタリー・スチールを今年5月に子会社化したことから、同社に経営資源を投入し、キョウエイ・スチール・ベトナムの設備投資計画は中止する。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム】共英製鋼(大阪市北区)は16日、ベトナム北部で鉄鋼製品(棒鋼、線材)、半製品を製造販売するベトナム・イタリー・スチールの株式45%を約54億円で追加取得し、出資比率を65%に引き上げると発表した。

【ベトナム】共英製鋼(大阪市北区)は18日、ベトナム子会社のチー・バイ・インターナショナル・ポートが同国南部バリアブンタウ省フーミーのカイメップチーバイ港湾地区で2月から港湾を運営すると発表した。

【ベトナム】共英製鋼(大阪市北区)は18日、計画を一時中断していたベトナム北部での鉄鋼事業を再開すると発表した。

特集



新着PR情報