RSS

バンコク・トンロー地区に日本産食材卸売市場

2018年5月27日(日) 19時33分(タイ時間)
 の画像
 
画像提供、JALUX
 の画像
 
画像提供、JALUX
【タイ】JALUX(ジャルックス)(東京都港区)は6月9日、タイに設立した合弁会社を通じ、同国初となる日本産食材の卸売市場をバンコクのソイ・トンロー13通りの日本村モールで開業する。

 名称は「トンロー日本市場」。専有面積700平方メートルで、鮮魚、野菜、果物、牛肉などを販売する。営業時間は午前8時―午後5時で、午後0時以降は一般客にも販売する。火曜休業。

 運営会社「Jバリュー」は資本金4444万バーツで、ジャルックスグループが62.5%、築地の鮮魚仲卸である亀本商店と青果卸の長峰商店、名古屋の精肉店である杉本食肉産業がそれぞれ12.5%出資した。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール、マレーシア】食品卸のトーホー(神戸市)は27日、シンガポールとマレーシアで日本食の食材を中心とする業務用食品卸売り事業を手がけるシマヤトレーディング2社の全株式を取得すると発表した。

【マレーシア】国分グループ本社(東京都中央区)は30日、マレーシアの食品卸フォーカル・マーケティングの株式20%を取得すると発表した。

【マレーシア】食品卸の加藤産業(兵庫県西宮市)は9日、日用雑貨や加工食品の卸売りを手がけるマレーシア企業レイン・ヒン・ホールディングス(資本金525万リンギ)を買収すると発表した。

【タイ】双日は13日、タイの業務用食品卸会社FBフードサービス(2017)の株式43%を取得すると発表した。

【タイ】化粧品・日用品・一般用医薬品卸のPALTAC(大阪市)は12日、タイの物流効率化に向け、タイ消費財大手サハグループと提携すると発表した

【シンガポール】トーホー(神戸市)は16日、シンガポールで日本食の食材など業務用食品の卸し売りを手がけるトモヤ・ジャパニーズ・フード・トレーディングの全株式を取得すると発表した。取得価格は明らかに...

特集



新着PR情報