RSS

内外需好調、景気拡大続く 4月のタイ中銀経済報告

2018年5月31日(木) 21時00分(タイ時間)
【タイ】タイ中央銀行の月例経済報告によると、4月のタイ経済は内需、外需ともに好調で、拡大が続いた。

 4月の民間消費指数(PCI)(速報値)は前年同月比5.8%上昇、民間投資指数(PII)(速報値)は7%上昇した。

 4月の輸出は前年同月比14.6%増の189.5億ドル、輸入は22.7%増の187.1億ドルで、経常収支は13.6億ドルの黒字だった。

 4月の外国人旅行者数(速報値)は前年同月比9.4%増、309.3万人。

 4月の工業生産指数(速報値)は前年同月比4%上昇した。業種別のMPIは「食品、飲料」プラス6.5%、「自動車」プラス8.5%、「ゴム、プラスチック」マイナス4%、「化学」プラス9.3%、「IC、半導体」プラス2.7%、「繊維、アパレル」マイナス4.1%、「セメント、建材」マイナス0.7%、「電気製品」マイナス3.7%、「ハード・ディスク・ドライブ(HDD)」プラス19.8%、「石油」プラス6.3%、「その他」プラス0.9%――。

 4月の名目農業所得(速報値)は前年同月比0.7%低下した。農業生産(速報値)が9.6%増加、農産物価格が9.3%下落した。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国内の4月の新車販売台数(トヨタ自動車調べ)は前年同月比25.2%増の7万9206台だった。内訳は乗用車が17.2%増、2万9888台、商用車が30.6%増、4万9318台。

【タイ】タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)がまとめた1―3月のタイの実質国内総生産(GDP)は前年同期比4.8%増と、2017年10―12月期の4%増を上回り、過去20四半期で最も高い伸び率となった。

【アジア】日本政府観光局(JNTO)によると、1―4月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同期比15.4%増、1051万9300人で、これまでで最も早いペースで1000万人を超えた。

【タイ】タイ投資委員会(BOI)が1―3月に受理した合弁を含む外国直接投資案件の恩典申請は215件(前年同期163件)、投資予定額は前年同期比12%減の249.1億バーツだった。



新着PR情報