RSS

SBIホールディングス、マレーシアの金融商品取引システム開発会社に出資

2018年6月6日(水) 23時01分(タイ時間)
【マレーシア】SBIホールディングス(東京都港区)は6日、マレーシアの金融商品取引システム開発会社N2Nコネクトに出資すると発表した。

 N2Nは投資銀行、証券会社向けの金融商品取引システムの構築・運用サービスを手がける。取引所のルール、技術の標準化が進む欧米と比べ、各国が独自のルール、技術で運営するアジア各国の取引所の共通化を目指し、現在、マレーシアのほか、シンガポール、香港、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナムなどで事業を展開。全世界の80%以上の金融機関が接続するトレーディングプラットフォームを構築している。今後、プラットフォームにブロックチェーンを導入し、デジタルアセット(仮想通貨)の取引を可能とすることを目指している。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】SBIホールディングス(東京都港区)は17日、マレーシア最大規模の金融商品比較サイト「RinggitPlus」とインドネシアの金融商品比較サイト「KreditGoGo」を運営するJirnexu(シンガポール、資本金...

【タイ】SBIホールディングス(東京都港区)は27日、タイのインターネット専業証券会社、SBIタイオンライン証券(資本金約8億バーツ)の株式を合弁相手のタイの証券会社フィナンシア・サイラス・セキュリティーズ...



新着PR情報