RSS

ニッポン高度紙工業、フィリピンのパルプ子会社売却

2018年6月10日(日) 23時15分(タイ時間)
【フィリピン】ニッポン高度紙工業(高知市)は7日、フィリピン子会社でパルプ製造を手がけるアルベイ・アグロインダストリアル・デベロップメントをフィリピンの特殊パルプ製造会社スペシャリティ・パルプ・マニュファクチャリングに売却すると発表した。

 保有全株(発行株式の99%)と貸付債権を約9億円で譲渡する。

 ニッポン高度紙工業は2016年1月にアルベイを連結子会社化したが、原麻の調達競争激化を原因とする価格高騰などで経営環境が悪化した。フィリピン企業に譲渡して、自社のセパレータ事業の主力原料であるマニラ麻パルプの安定調達を図る。
《newsclip》

注目ニュース

【インドネシア】三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は18日、インドネシアの紙パルプ大手APRILグループがスマトラ島で運営する紙パルプ工場向けの蒸気タービン発電設備を受注したと発表した。

キャッサバパルプからバイオエタノール製造 サッポロ、タイ企業を技術支援newsclip

【タイ】サッポロホールディングスは10日、タイ企業インノテック・グリーン・エナジーが建設する世界初のキャッサバパルプ(キャッサバイモからタピオカを抽出した後に発生する廃棄物)からバイオエタノールを...

特集



新着PR情報