RSS

クラレなど3社、タイでブタジエン誘導品製造

2018年6月19日(火) 21時45分(タイ時間)
【タイ】クラレ(東京都千代田区)は19日、タイに合弁会社を設立し、ブタジエン誘導品の製造販売に乗り出すと発表した。

 新会社は「クラレGCアドバンスト・マテリアルズ」で、クラレが53.3%、タイ国営石油化学大手PTTグローバル・ケミカル(PTTGC)が33.4%、住友商事(東京都中央区)が13.3%出資。タイ東部ラヨン県マプタプットのへマラートイースタン工業団地に工場を建設し、電気・電子部品や自動車部品などに使用する高耐熱性ポリアミド樹脂PA9T(年産能力1.3万トン)、自動車部品、日用品、医療器具などに用いる水素添加スチレン系熱可塑性エラストマー(同1.6万トン)を製造する。

 クラレはまた、イソブチレン誘導品MPDを生産する全額出資子会社「クラレ・アドバンスト・ケミカルズ(タイランド)」をタイに設立し、合弁会社と同じ敷地内に生産設備を設ける。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ国営石油会社PTTは18日、傘下の電力会社グローバル・パワー・シナジー(GPSC)がフランスの電力ガス大手エンジー傘下のタイの電力会社グローの買収に向け交渉していることを明らかにした。

【タイ】タイ国営石油会社PTT傘下のタイ石油化学最大手PTTグローバルケミカル(PTTGC)は23日、タイ東部ラヨン県マプタプット工業団地にオレフィンプラントを新設すると発表した。



新着PR情報