RSS

ロシアW杯「サランクスの奇跡」、日本が強豪コロンビアに勝利[新聞ウォッチ]

2018年6月20日(水) 14時13分(タイ時間)
日本対コロンビア (c) Getty Imagesの画像
日本対コロンビア (c) Getty Images
日本対コロンビア (c) Getty Imagesの画像
日本対コロンビア (c) Getty Images
日本対コロンビア (c) Getty Imagesの画像
日本対コロンビア (c) Getty Images
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2018年6月20日付

●日本白星発進、強豪コロンビアに2-1(読売・1面)

●メルカリ上場終値5300円、時価総額7100億円(読売・8面)

●米中摩擦株安の波、世界経済の足とかせ懸念(読売・9面)

●加計氏会見疑問だらけ、25分で打ち切り、参加記者を制限(朝日・2面)

●ソニーの平井氏、前期報酬27億円、リストラで業績回復(朝日・8面)

●石油元売り、海外進出加速、国内需要低迷「日本式」で活路(毎日・6面)

●逮捕の会長をアウディ解任、排ガス不正(毎日・7面)

●駅舎西洋風の荘厳なつくり、京成「旧博物館動物園駅」(東京・6面)

●MRJ消えた4000億円、三菱重、損失なしで資産を減額(日経・2面)

●20年目の日産・ルノー、揺らぐ「暗黙の了解」(日経・2面)

●車載電池を一貫生産、トヨタ子会社に最終工程移管(日経・13面)


ひとくちコメント

ゲームは何が起こるか分からないとはいえ、ミラクルは試合開始3分後に起こった。手も足も出ないとみられていた相手から、まさかの手(ハンド)を誘い、レッドカードとペナルティキック(PK)を獲得。先制点となるそのPKを香川選手が冷静に決めて空気は変わった。

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本が初戦で南米の強豪コロンビアを2-1で勝ち、金星をあげた。

きょうの各紙も、首相との面会「記憶も記録もない」という加計学園理事長の唐突の「初会見」を取り上げた東京と、「中国M&A阻止の動き」という日経を除き、読売、朝日、毎日、産経の4紙が1面トップで「日本白星発進」を大きく報じている。朝日のタイトルは「金星発進」。

スポーツ面でも「大迫弾丸ヘッド、強敵封じピタリ」(読売)、「香川が 大迫が復蹴(リベンジ)の一撃」(朝日)、「日本夢つなぐ1勝、4年前の借り返す」(毎日)などと「サランクスの奇跡」を振り返っている。

社会面でも「日本信じていた、『格上に勝利』熱狂」(読売),「ミラクル列島歓喜」(朝日)などと、約7000km離れた日本国内国内各地のパブリックビューイングなどでサポーターが歓喜に沸いたことを伝えている。

1次リーグ突破へ好発進した日本だが、6月24日(日本時間25日午前0時)にエカテリンブルクで、同じく初戦を勝利したセネガルと対戦する。再び奇跡を起こしてくれるのか。
《福田俊之@レスポンス》


新着PR情報