RSS

両備、ミャンマーの大型倉庫稼働

2018年6月20日(水) 18時02分(タイ時間)
【ミャンマー】両備ホールディングス(岡山市)が約30億円を投じてヤンゴン郊外のティラワ経済特区に建設した大型倉庫が12日に稼働した。敷地面積5万106平方メートル、延床面積3万6695平方メートルで、冷凍、冷蔵、定温、常温の4温度帯に対応する。

 両備が海外に倉庫を構えるのはベトナムに続く2カ所目。
《newsclip》

注目ニュース

上組、ミャンマー・ティラワ港でターミナル運営newsclip

【ミャンマー】上組(神戸市)はヤンゴン郊外のティラワ地区に円借款で建設される多目的ターミナル「ティラワODAターミナル」の運営に乗り出す。3月22日、ミャンマー港湾公社と事業権契約を結んだ。2019年2月供用...

フジトランス、ティラワ経済特区の倉庫稼働newsclip

【ミャンマー】フジトランスコーポレーション(名古屋市)のミャンマー法人フジトランス・ロジスティクス(ミャンマー)がヤンゴン郊外のティラワ経済特区に建設したロジスティクスセンターが完成し、10日、現...

郵船ロジ、ティラワ経済特区の物流センター稼働newsclip

【ミャンマー】郵船ロジスティクスは12日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した物流センター「ティラワ・ロジスティクスセンター」の開所式を行った。

【ミャンマー】神鋼環境ソリューション(神戸市)は23日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区の浄水設備を受注したと発表した。ティラワ経済特区ゾーンA(35ヘクタール)内にあるアパート、宿泊施設、商業施...

【ミャンマー】日本通運のミャンマー法人、日通ロジスティクスミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した多機能ロジスティクス倉庫が6月1日に営業を開始する。

【ミャンマー】鴻池運輸は4月27日、ミャンマー子会社のコウノイケ・ミャンマーがヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した倉庫が竣工し、4月1日に本格稼働を開始したと発表した。