RSS

タイ東部沖の沈没事故、コンテナ45個が行方不明

2018年6月26日(火) 22時50分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
 の画像
 
写真提供、タイ運輸省
【タイ】タイ運輸省は25日、タイ東部チョンブリ県のレムチャバン港沖で今月13日に貨物船が転覆、沈没し、コンテナ72個が海に投げ出された事故で、同日までにコンテナ27個を発見し、このうち21個を回収したと発表した。

 この事故による死者、けが人はなかった。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイのテレビ報道によると、27日朝、バンコク北郊パトゥムタニ県のチャオプラヤ川で、大型の風力発電機の柱を積んで航行していたはしけが沈没した。けが人はなかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、5日午前11時ごろ、タイ南部パンガー県沖で、中国人客16人とタイ人乗員が乗ったボートが転覆し、中国人女性1人がけがをした。乗客、乗員全員は現場に急行したタイ当局の...

【タイ】26日夜、タイ南部チュムポン県のンガーム島沖で、タイ人のダイビング客13人と船員3人が乗った船が転覆し、乗客5人が行方不明になった事故で、タイ当局は27日朝までに、行方不明だった5人全員の...

【タイ】30日夜、タイ湾のタオ島沖で、はしけが高波を浴びて転覆し、乗っていた8人が海に投げ出された。このうち5人は救助されたが、ミャンマー人の夫婦と3歳の子どもの計3人が行方不明になった。

アユタヤの沈没事故、死者28人にnewsclip

【タイ】中部アユタヤ県のチャオプラヤ川で18日午後、乗客、乗員約100人が乗った船が沈没した事故で、20日午後6時までに、28人の死亡が確認され、1人が行方不明となっている。けがをした人は43人。



新着PR情報