RSS

双日、ベトナムの大手製紙会社買収

2018年6月26日(火) 22時51分(タイ時間)
サイゴン・ペーパー工場の画像
サイゴン・ペーパー工場
写真提供、双日
【ベトナム】双日は26日、ベトナムの大手製紙会社サイゴン・ペーパーの発行済み普通株式の95.2%を取得し、ベトナムの家庭紙、段ボール原紙事業に参入すると発表した。

 サイゴン・ペーパーは「ブレスユー」、「サイゴン」といったブランドを展開し、ティッシュやトイレットペーパー、紙ナプキンなどを含む家庭紙分野でベトナム市場シェア1位。産業用紙分野の生産能力も業界トップクラスで、国内の段ボール箱メーカーなどに段ボール原紙を供給している。年産能力は家庭紙約4万トン、産業用紙約23万トン。2017年12月期売上高約130億円。

 ベトナムは経済成長による生活様式、流通、小売り形態の近代化により、ティッシュペーパーやトイレットロールなどの家庭紙や物流用梱包に使われる段ボール原紙の需要が急増している。
《newsclip》

注目ニュース

【フィリピン】ニッポン高度紙工業(高知市)は7日、フィリピン子会社でパルプ製造を手がけるアルベイ・アグロインダストリアル・デベロップメントをフィリピンの特殊パルプ製造会社スペシャリティ・パルプ・マニ...

【インドネシア】三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は18日、インドネシアの紙パルプ大手APRILグループがスマトラ島で運営する紙パルプ工場向けの蒸気タービン発電設備を受注したと発表した。

【マレーシア】王子ホールディングス(東京都中央区)はマレーシアのグループ会社GSペーパーボード&パッケージングに段ボール原紙の生産設備を増設する。年産45万トンで、2021年4月稼働の予定。投資額...

特集



新着PR情報