RSS

日本のアパレルブランド在庫、チェンマイで格安販売

2018年6月29日(金) 00時14分(タイ時間)
【タイ】在庫処分の専門会社、shoichi(大阪市)はタイ北部チェンマイ市の複合モール「ジャパンビレッジ」で日本の有名アパレルブランドの在庫商品を販売する。

 shoichiが買い取った日本のアパレルブランドの在庫商品をチェンマイで格安で販売することで、日本でのブランド価値を落とさずに在庫を処分する一方、タイでのブランド認知度の向上を図る。
《newsclip》

注目ニュース

【カンボジア】郵船ロジスティクス(東京都港区)、サトー(東京都目黒区)、浪速運送(大阪市)の3社はファッション・アパレルの海外調達物流業務を効率化するサービスを2018年春から提供する。

【インドネシア】アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山市)は30日、衣料品の通販サイト「ボボボボ」を運営するインドネシア企業ボボボボの第3者割当増資を引き受け、同社株の34%を取得す...

【ベトナム】アパレルメーカーのストライプインターナショナル(岡山市)は8日、ベトナムでレディスカジュアルアパレルの店舗数2位のNEMグループのアパレル事業を買収し、ベトナム市場に本格参入すると発表...

【シンガポール】商工中金は12日、アパレル副資材メーカー、F.V.G.(東京都千代田区)のシンガポール法人が北國銀行シンガポール支店から融資を受ける際の保証(スタンドバイクレジット)を行ったと発表した。

【シンガポール】山喜(大阪市中央区)は17日、衣料品の輸出入を手がける合弁会社をシンガポールに設立すると発表した。

【バングラデシュ】商工中金は10月31日、アパレルメーカーの丸久(徳島県鳴門市)に対し、民間金融機関と協調して、バングラデシュでの工場増設資金5000万円を融資したと発表した。

特集



新着PR情報