RSS

愛三工業、インドに2輪・3輪車向け燃料ポンプモジュールの子会社を設立

2018年6月29日(金) 00時16分(タイ時間)
愛三工業(ウェブサイト)の画像
愛三工業(ウェブサイト)
愛三工業は6月27日、インドで2輪・3輪車向け燃料ポンプモジュールの製造・販売を行う子会社「アイサン フィエム(AISAN FIEM) オートモーティブ インディア プライベート リミテッド」の設立手続きが完了したと発表した。

同社はインドの大手自動車部品メーカー「フィエム インダストリーズ リミテッド」との合弁会社。資本金は10億インドルピー(約16億5000万円)で、持株比率は愛三工業が69%、フィエムが26%、豊田通商インドが5%。

新会社設立の理由は、世界最大の2輪車市場であるインドでは、今後も市場拡大が期待されることに加えて、2020年4月から新排出ガス規制 Bharat6 の導入が予定されており、2輪車の燃料供給装置がキャブレターから、FIシステム(電子制御燃料噴射装置)に本格的に移行すると予想されるため。インドにおいて2輪・3輪用FI製品の生産体制を構築し、事業拡大をはかる。
《丹羽圭@DAYS@レスポンス》


新着PR情報