RSS

日産、「デジタル・ハブ」をインドに設立 ITソリューションのグローバル開発拠点

2018年7月2日(月) 09時55分(タイ時間)
デジタル・ハブの画像
デジタル・ハブ
日産自動車は6月29日、社内業務システムや顧客向けサービスのデジタル化をグローバルで推進する「デジタル・ハブ」をインド・ケララ州に設立すると発表した。

日産は業務用ソフトウェアの開発や蓄積データの有効活用などを推進する自社拠点 デジタル・ハブの設立をアジア、欧州、北米、それぞれで計画しており、インドはその中でも最初の拠点となる。デジタル・ハブは、日産の主要な社内業務システムおよび顧客向けサービスのITソリューションを開発し、業務効率やサイバーセキュリティ、顧客満足度などの向上を図る。

インドのデジタル・ハブは、ケララ州政府が州都ティルヴァナンタプラム市に設置しているIT産業特区「テクノパーク」内に開設。その後本格稼働に向け、市内に移設する計画だ。
《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》


新着PR情報