RSS

ホンダ、中国に新工場を開所---二輪車を年間50万台生産へ

2018年7月3日(火) 10時41分(タイ時間)
新大洲ホンダの二輪車の画像
新大洲ホンダの二輪車
(参考画像)
ホンダは7月2日、中国に二輪車の新工場を開所した、と発表した。新工場は江蘇省太倉市に立地。ホンダの中国合弁、新大洲ホンダの新工場となる。

新大洲ホンダは、環境対応力や生産効率の向上、開発機能の強化を目指して、工場の上海市から江蘇省太倉市への移転計画を進めてきた。太倉工場は、各工程の自動化にも積極的に取り組むなど、最新鋭の生産技術を取り入れ、開発機能やテストコースも備えた新工場として、2018年8月より稼働を開始する予定。

また、ホンダのグリーンファクトリーコンセプトも導入。排水のリサイクル循環や蒸発処理により工場用水の外部排出をゼロとしたほか、LED照明の標準化、太倉市と共同でのソーラーパネルの設置など、環境対応への取り組みも強化した。なお、新工場の開所に合わせて、上海工場は6月末をもって生産を終了した。

中国の二輪市場は2018年に約700万台に拡大する見通しで、世界最大市場のひとつ。新大洲ホンダの太倉工場は、従来の上海工場の年間約50万台と同規模の生産能力を備える。国内市場に加えて、全世界50を超える国や地域に完成車および部品を供給し、グローバル輸出拠点として最も重要な生産拠点のひとつになる、としている。
《森脇稔@レスポンス》

特集



新着PR情報