RSS

タイ食品大手、工場屋根に太陽光パネル 出力40メガワット

2018年7月4日(水) 18時59分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、Charoen Pokphand Foods
【タイ】タイ最大級の財閥CPグループ傘下の食品大手ジャルーン・ポーカパン・フーズ(CPF)は3日、複数の自社工場の屋根に太陽光パネルを設置すると発表した。

 出力は計40メガワットで、二酸化炭素換算で年間2万8000トンの温室効果ガス排出削減を目指す。総投資額は約14億バーツ。システムの調達、設置、運転、保守はタイのエネルギー企業カンクン・エンジニアリングが担当する。
《newsclip》

注目ニュース

【ベトナム、米国】日本板硝子(東京都港区)は11日、約380億円を投じ、太陽光パネル用の透明導電膜ガラスの生産設備を増強すると発表した。

タイの太陽光発電会社、宮城県のメガソーラー計画中止newsclip

【タイ】タイの太陽光発電事業会社タイ・ソーラー・エナジー(TSE)は26日、宮城県鬼首に建設を予定していた大規模太陽光発電所(メガソーラー)計画を中止すると発表した。

花王、マレーシア工場事務所棟に太陽光発電設備newsclip

【マレーシア】花王は25日、マレーシアのペナンにあるグループ会社の工場事務所棟の屋根に太陽光発電設備を設置し、運用を開始したと発表した。

【カンボジア】IT、建機販売、太陽光発電などの事業を手がけるエーバランス(東京都品川区)は13日、カンボジアで総出力200―300メガワットの太陽光発電所を開発するプロジェクトについて、カンボジア政府高官らと...

【タイ】東芝エネルギーシステムズは13日、太陽光発電設備の設置販売を手がけるタイ企業エイトソーラーから、合計出力6メガワットの太陽光モジュールを受注したと発表した。タイの大手ホームセンター、ホーム...

日本の5カ所で太陽光発電プロジェクト SSP、タイ2部上場newsclip

【タイ】太陽光発電事業を手がけるタイ企業スームサーン・パワー・コーポレーションが27日、タイ証券取引所(SET)2部市場(MAI)に上場した。



新着PR情報