RSS

不法就労、不法滞在 タイで外国人取り締まり強化

2018年7月4日(水) 21時30分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
【タイ】タイ労働省は4日、1―3日に外国人不法就労者118人と不法就労者を雇用したタイ人26人を摘発したと発表した。

 摘発した不法就労者はミャンマー人94人、カンボジア人8人、ラオス人7人、ベトナム人7人など。不法就労者には罰金5000―5万バーツ、タイ人雇用者には不法就労者1人につき1万―10万バーツの罰金を科す。

 タイ警察は同日、「不良外国人」取り締まりの第16弾として、3日から4日未明にかけ、国内の71カ所で手入れを実施し、不法滞在などで外国人56人を逮捕したと発表した。

 逮捕者の内訳は不法滞在がラオス人3人、インド人2人、パキスタン人1人など10人、不法入国がラオス人とカンボジア人各15人、アフガニスタン人1人など43人、その他3人。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】タイ当局は1日から、外国人不法就労者の取り締まりを強化する。

特集



新着PR情報