RSS

郵船ロジスティクス、マレーシアでコールドチェーン新会社設立

2018年7月12日(木) 22時30分(タイ時間)
【マレーシア】郵船ロジスティクスは12日、マレーシア法人のTASCOがコールドチェーン事業を同国で展開する子会社TASCOユウセン・ゴールド・コールドを設立したと発表した。

 TASCOは東南アジアでの生鮮品を含む食料品、飲料、医薬品などの品質を維持した三温度帯輸送保管の需要の高まりを受けて、マレーシアでコールドチェーン事業を展開するゴールド・コールド・トランスポートとMILSコールドチェーン・ロジスティクスを買収する契約を昨年1月に締結した。その後、手続きを進め、ゴールド・コールド・トランスポートは昨年7月に、MILSコールドチェーン・ロジスティクスは今年6月初旬にそれぞれの買収を完了。TASCOは今回、コールドチェーンサービスの更なる拡大を図るため、事業を一元管理する子会社としてTASCOユウセン・ゴールド・コールドを設立し、ゴールド・コールド・トランスポートとMILSコールドチェーン・ロジスティクスを傘下に置いた体制での運営を開始した。

 ゴールド・コールド・トランスポートはマレーシアのコールドチェーン業界で売り上げ2位。約3万1000平方メートルの冷蔵冷凍倉庫と約200台のリーファートラックを運営し、主に冷蔵冷凍食品を扱う。

 MILSコールドチェーン・ロジスティクスはマレーシアのコールドチェーン業界売り上げ10位。ポートケラン港のウエストポートに隣接したエリア内で冷蔵冷凍倉庫(約7000平方メートル)を運営している。TASCOはMILSコールドチェーン・ロジスティクスの買収に加え、この冷蔵冷凍倉庫と同エリアの敷地(約16万平方メートル)と常温倉庫(約2万3000平方メートル)も買収した。

 ゴールド・コールド・トランスポートとMILSコールドチェーン・ロジスティクスはマレーシア政府の認証機関であるマレーシア・イスラム開発局から倉庫内全域でハラル(イスラム法に則った商品、サービス)認証を取得している。
《newsclip》

注目ニュース

郵船ロジスティクス、ベトナム・ダナンの新倉庫稼働newsclip

【ベトナム】郵船ロジスティクスは9日、ベトナム中部の中心都市ダナンに建設した自社倉庫「ダナンロジスティクスセンター」の開所式を4月24日に現地で行ったと発表した。倉庫面積約1万平方メートルで、ベトナム子...

【ベトナム】郵船ロジスティクスはベトナム北部ハイフォンのディンブー工業団地の自社倉庫隣接地に2期棟を建設し、1月に営業を開始した。1期棟と2期棟を合わせた延床面積は1万8000平方メートルで、ハイフォンの物...

【カンボジア】郵船ロジスティクス(東京都港区)、サトー(東京都目黒区)、浪速運送(大阪市)の3社はファッション・アパレルの海外調達物流業務を効率化するサービスを2018年春から提供する。

【シンガポール】郵船ロジスティクスは30日、シンガポールで食品の輸入・決済・受注代行サービスを開始したと発表した。

郵船ロジスティクス、インドネシアで倉庫業務のハラル認証取得newsclip

【インドネシア】郵船ロジスティクスは11日、同社のインドネシア法人で倉庫事業を担うユウセン・ロジスティクス・ソルーションズ・インドネシアが昨年11月に倉庫業務のハラル(イスラム法に則った商品)認証...

郵船ロジスティクス、ベトナム南部に新物流施設newsclip

【ベトナム】郵船ロジスティクス(東京都港区)のベトナム子会社ユウセン・ロジスティクス(ベトナム)はベトナム南部ビンズオン省のVSIP1工業団地に約1・2万平方メートルの大型物流施設を新設し、11月...

郵船ロジスティクス、バンコク南郊に倉庫newsclip

【タイ】郵船ロジスティクスのタイ法人ユウセン・ロジスティクス(タイランド)はバンコク南郊のサムットプラカン県に倉庫2棟を開設する。

【シンガポール、日本】郵船ロジスティクスは冷蔵管理が必要な食品を対象としたシンガポール向け海上リーファー(冷蔵)混載サービスを8月11日に開始する。隔週で、品目は日本酒、加工食品、青果など。

郵船ロジ、ティラワ経済特区の物流センター稼働newsclip

【ミャンマー】郵船ロジスティクスは12日、ヤンゴン郊外のティラワ経済特別区に建設した物流センター「ティラワ・ロジスティクスセンター」の開所式を行った。

特集



新着PR情報