RSS

電子たばこ所持で懲役、罰金も 在タイ日本大使館が警告

2018年7月12日(木) 23時00分(タイ時間)
【タイ】在タイ日本大使館は12日、タイ当局がたばこの不法所持や不法持ち込みの摘発を強化しているとして、夏休みなどでタイに渡航する人に注意を呼びかけた。

 大使館によると、タイ入国の際の税関検査で免税範囲(1人1カートン=200本)を超えるたばこの所持が摘発されると、高額な罰金が科せられた上、所持していたたばこがすべて没収される。グループで入国する際に1人が他の人の購入分をまとめて所持していても、免税範囲を超過したと見なされる。

また、電子たばこ(アイコスをはじめ加熱式たばこを含む)のタイへの持ち込みは禁止されており、違反した場合、10年以下の懲役または最大50万バーツの罰金が科される。

 こうした検査、摘発はタイ当局の主権、判断に関わる事項で、摘発された人に代わって日本大使館がタイ当局と交渉したり、タイ当局の判断に異議を唱えることはできない。罰金の支払いを拒否したり、罰金が支払えない場合、タイ当局に身柄が拘束されることもある。
《newsclip》

注目ニュース

タイで禁止の電子たばこ押収、2人逮捕newsclip

【タイ】タイ警察は3月30日、バンコク都内のアパートで、タイ国内で禁止されている電子たばこ11台と電子たばこ用の液体492本などを押収し、タイ人の男(29)とシンガポール人の男(29)を逮捕したと発表した。

【タイ】タイの改正物品税法が16日、施行された。物品税関連の法律を一本化し、税額の算出方法を変更したもので、年間約120億バーツの税収増となる見通し。

タイで偽造たばこ3600万本押収 増税、値上げの影響かnewsclip

【タイ】タイ当局は16日、偽ブランドのたばこ約3600万本をタイ東部チョンブリ県のレムチャバン港で押収したと発表した。

タイ南部で密輸たばこ600万本押収newsclip

【タイ】タイ財務省関税局は27日、バンコクで記者会見を開き、押収した密輸品の外国製たばこ600万本、ワイン、ビールなど酒3900本、ブランド品の衣料などを公開した。たばこと酒は22日に南部ハジャイ...

特集



新着PR情報