RSS

日立ハイテク、タイでシェア工場

2018年7月16日(月) 02時30分(タイ時間)
【タイ】日立ハイテクノロジーズは13日、シンガポールの100%子会社ヒタチ・ハイテクノロジーズ(シンガポール)がタイの工業団地最大手アマタとタイに合弁会社を設立し、スマートファクトリー技術を導入したシェア工場事業を本格的に開始したと発表した。

 新会社は「ヒタチ・ハイテク・アマタ・スマートサービス」。

 海外生産に必要なインフラ、部材調達、人材確保・育成などの環境を整備した工場を日立ハイテクグループが用意し、複数の日本の中小企業で共有することで、海外進出に必要な資源を最小限に抑え、企業の海外進出をサポートする。

 工場には最新の多視点カメラや高度画像圧縮システムなどIoT(モノのインターネット)先端技術を導入し、生産状況・検査データの閲覧、担当者への指示などを日本からリアルタイムで行うことが可能。これにより、日本と同品質で、コスト競争力のある製品の現地生産を実現する。日立ハイテクは、現地での部材調達だけでなく、販売面でのサポートや間接業務などの製造周辺サービスも提供する。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】東芝プラントシステムがタイの電力会社Bグリムパワーから受注しタイ東部チョンブリ県のアマタシティ工業団地に建設したコンバインドサイクル発電所「アマタシティ第4発電所」(出力133メガワット)が完成...

【ベトナム】タイ工業団地大手アマタのベトナム事業会社アマタVNはベトナム北部クアンニン省で工業団地を開発する。



新着PR情報