RSS

ソフトバンクと滴滴、日本でタクシー配車サービスを展開 ターゲットは訪日中国人

2018年7月20日(金) 10時46分(タイ時間)
(イメージ)の画像
(イメージ)
ソフトバンクは、中国の配車サービス大手の滴滴出行と日本国内でタクシー配車サービスを提供すると発表した。中国の訪日外国人などにタクシー配車サービスを提供する。

人工知能(AI)とデータ分析技術を活用して、全てのタクシー事業者が利用できるオープンなタクシープラットフォームを提供する。2018年秋から大阪でトライアルを実施、京都、福岡、沖縄、東京やその他の主要都市でも展開していく。

両社はタクシー配車サービスを運営する「DiDiモビリティジャパン」を設立した。乗客は、DiDiモビリティジャパンのアプリをスマートフォンにダウンロードするだけで、タクシー配車サービスを日本全国で利用できる。タクシー事業者はプラットフォームを活用することで、交通の不便やドライバーの高齢化などの課題を抱える地方で、きめ細やかなサービスを提供、地域経済の活性化にもつなげてもらう。

DiDiモビリティジャパンは、主に中国などで合計5億5000万人が登録するDiDiの乗客用アプリを、日本で提供するプラットフォームと連携、ローミング機能で日本でもそのまま利用できる。中国人旅行者によるタクシーサービスの需要の拡大に対応する。

DiDiモビリティジャパンのプラットフォームには、機械学習をベースにした技術がスマート配車システムの需要予測に活用されており、タクシー配車サービスの最適化と乗客の利便性向上をサポートする。
《レスポンス編集部@レスポンス》

特集



新着PR情報