RSS

タイ航空機、着陸時にパンク ダッカの空港で

2018年7月25日(水) 10時23分(タイ時間)
【バングラデシュ】24日午後0時10分ごろ、ダッカのシャージャラル国際空港で、タイ国際航空のバンコク発ダッカ行きTG321便ボーイング777-200型機が着陸した際にパンクした。乗客172人、乗員14人にけがはなかった。

 着陸当時、空港周辺では強い雨が降っていた。タイ航空などが事故原因を調べている。 
《newsclip》

注目ニュース

大手航空会社の安全度ランキング タイ航空は60社中48位newsclip

【アジア】航空会社の安全性に関するデータの集計・解析を手がける独JACDECがまとめた2017年版の大手航空会社の安全度ランキングで、タイ国際航空は調査対象の60社中48位だった。

【タイ】今月11日、バンコク発のタイ国際航空TG660便ボーイング747-400型機が羽田空港に着陸する際、地上に接近しすぎて警報が作動したため、上昇して着陸をやり直すトラブルがあった。乗客、乗員384人にけが人は...

【タイ】タイ国際航空は2017年の最終損益が21億700万バーツの赤字に転落した(2016年は1500万バーツの黒字)。

【タイ】タイのテレビ報道によると、19日、バンコク(スワンナプーム空港)発成田行きのタイ国際航空676便エアバスA380型機がエンジントラブルでスワンナプーム空港に引き返し、緊急着陸した。けが人はなかった。

【タイ】タイのテレビ報道によると、カラチのジンナー空港で23日、過激派組織「イスラム国」(IS)のメンバーとみられるマレーシア人の男(20)がカラチ発バンコク行きのタイ国際航空342便の機内にけん...

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ当局は19日、バンコク郊外のスワンナプーム国際空港で、タイ国際航空のケータリング担当スタッフの尿検査を実施し、6人から麻薬の陽性反応が出た。



新着PR情報