RSS

タイで「不良外国人」取り締まり続く 不法滞在19年のドイツ人も

2018年7月25日(水) 21時32分(タイ時間)
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
 の画像
 
写真提供、タイ警察
【タイ】タイ警察は24日から25日未明にかけ、バンコク都内の風俗街ナナプラザなどタイ国内の62カ所で「不良外国人」の一斉取り締まりを実施し、不法滞在などで外国人35人を逮捕した。

 逮捕者の内訳は不法滞在がインド人6人、中国人、ドイツ人、カメルーン人各1人の計9人、不法入国がラオス人7人、ミャンマー人とインド人各5人など25人、その他1人。

 このうち不法滞在で逮捕されたドイツ人の男(60)は不法滞在期間が7059日に及んでいた。
《newsclip》

注目ニュース

【タイ】在タイ日本大使館によると、今年5月、ラオスから陸路タイに入国した日本人がパスポートに入国印が押されていないことにバンコクで気づき、再度入国場所に戻るトラブルが起きた。

【タイ】在タイ日本大使館によると、4―6月に同大使館に届け出があった日本人の犯罪被害は45件だった。買い物中に駐車場に停めていた車を盗まれる被害があったほか、バイクによるひったくりが依然として発生し...

【タイ】在タイ日本大使館によると、タイ入国管理局は12月31日から、ビザ(査証)なし(ノービザ)でのタイへの陸路入国を1年間で2回に限定する。

特集