RSS

清水建設、インドネシアの訴訟終了

2018年7月31日(火) 11時20分(タイ時間)
【インドネシア】 清水建設は27日、インドネシアの建設会社デクスタム・コントラクターズから損害賠償を請求されていた裁判で、金銭などの対価を提供せずにすべての訴訟を解決することで合意し、デクスタムが訴訟を取り下げたと発表した。

 これにともない、清水建設は保有していたデクスタムの株式をデクスタムに譲渡し、資本関係を解消した。

 デクスタムは清水建設がデクスタム以外の第三者と事業を行った、共同受注し施工したビルの工事代金の一部の処理で不法行為を行ったなどとして、3件の訴訟を起こし、約14億ドルの損害賠償を請求していた。
《newsclip》

注目ニュース

ホンダ子会社の「ホンダカーズ千葉」、元店長の過労自殺認め謝罪、遺族と和解成立【新聞ウォッチ】newsclip

ホンダの子会社「ホンダカーズ千葉」で男性店長がうつ病になり、懲戒解雇後に自殺したのは、長時間労働などが原因として、遺族が訴訟を起こしていたが、和解が成立したという。

韓国ブランドのフライパン、タイで誇大広告集団訴訟newsclip

【タイ】韓国の「コリアキング」ブランドのフライパンを購入したタイの消費者74人が6月30日、誇大広告で損害を被ったとして、「コリアキング」のタイの輸入販売会社ウィザード・ソルーションに損害賠償を求...

ブリヂストン、中国でのSUVタイヤの特許権侵害訴訟に勝訴newsclip

ブリヂストンは5月31日、中国の大手タイヤメーカーである広州市華南橡膠輪胎および広州豊力橡膠輪胎(WANLIタイヤ社)を相手に提起していた特許権侵害訴訟に勝訴したと発表した。

【タイ】タイのテレビ報道によると、米フォード・モーターの乗用車「フィエスタ」と「フォーカス」のオーナー50人が3日、欠陥車を販売したとして、フォードを相手取り、総額2475万バーツの損害賠償を求め...

特集



新着PR情報