RSS

日本アジアグループ、シンガポールの施設管理システム会社買収

2018年7月31日(火) 11時21分(タイ時間)
【シンガポール】日本アジアグループ(東京都千代田区)は30日、水、電気、空調などのビル施設管理システムを提供するシンガポール企業プライマステックの株式60%を取得したと発表した。

 プライマステックは主力製品である「統合型スマートビルマネジメントプラットフォーム」がチャンギ国際空港や鉄道駅、下水処理施設、病院、半導体部品工場、製薬工場、大型商業施設などで採用されている。2017年の売上高約19.6億円、従業員139人。
《newsclip》

注目ニュース

【シンガポール】不動産管理の日本ハウズイング(東京都新宿区)は21日、シンガポールで建築設備のエンジニアリング、設備管理を手がけるプロペル・インテグレイティッドの株式80%を取得し、シンガポールに...

特集



新着PR情報